Sécheron Hasler Group は、AC 網/DC 網で運行する鉄道車両のエネルギー測定規格、EN50463 に準拠した一連のソリューションを提供しています。自社の幅広いサブシステムを含む、エネルギー測定システム (EMS)、データ収集システム (DCS) を提供可能です。

例えば、電圧電流測定機能 (VMF & CMF) のための車載用電圧/電流センサを提供しています。コンパクトで軽量なトラクション測定システム (TMS) は、エネルギー測定や車両保護ニーズにおいて鉄道車両メーカーや鉄道事業者が信頼を寄せる、安全で正確な電圧センサです。

車載用エネルギー測定装置 REM 102 は、エネルギー計算機能 (ECF) を有していますが、データ処理システム (DHS) も組み込んでいます。このシステムが収集したエネルギー請求データ (CEBD) を生成し、これらのデータを移動通信ゲートウェイを使い自社のウェブ上のプラットフォームであるエネルギーポータルへと送信し、地上のデータ収集システム (DCS) が利用します。